調布の相続・遺言のことなら、親の相続専門相談センター 行政書士 国際上級ファイナンシャルプランナー 相続アドバイザー(府中、三鷹、世田谷、狛江)

運営元:行政書士 多摩プランニングオフィス
〒182-0022 東京都調布市国領町8-2-9
<対応地域>調布、府中、世田谷、三鷹、武蔵野、狛江、立川、八王子 日野、多摩、練馬、小平、国立、国分寺、稲城、日野など
相続税申告や登記(名義替え)には、税理士、司法書士紹介

お気軽にお問合せください

03-3430-9011

電話受付

8:00~20:00 ※土日祝も可

ここ1ヶ所での相談だけで、すべてが解決します。,
(法律・税金・登記・不動産・名義替え・贈与)
不動産(家・土地)の悩みも、相談ください。
(相続、不動産、老後資金の総合アドバイザー)

遺言や相続の「面倒、分からない、困った」を解決
安心な遺言を作りたい。
生前贈与・相続対策をしたい。
相続の手続き、不動産対策・売却を、全部頼みたい。
農地や生産緑地について

どこへ聞いたら良いかわからない時は、こちらへ
無料相談予約(面談30分)は、03-3430-9011

遺言は、書く内容1つ
トラブルになるかが、決まります。
自筆遺言は、危険。(トラブル多発
(公正証書でも、「書く内容」次第で、トラブルに!)
◎遺言書作成を、文案~手続まで、すべて支援します。

相続発生後⇒すべて、すぐご連絡ください。
相続税の申告
不動産の名義替え登記
面倒な金融機関・役所の手続き
不動産の売却・困りごと
(法律に従って、業務は、それぞれの国家資格者が行います)

無料相談あり】土日祝可 <解説動画あり> 調布・三鷹・府中・世田谷・狛江
親の相続・遺言は、すべてこちらで終わります!
電話は、右上、電話マークからどうぞ!>


相続の「成功、失敗」を決めるのが「遺言」です。

手間なし、気配りの文章で、争わない「遺言書」を作ります。

相続トラブルは、よく考えた遺言」
作らないと、起こりま
す。
書く内容重要で、自筆では防止になりません。)

後のトラブル・面倒は、全てここから発生します。

相続発生では、手遅れです。
手間と時間が、全く違います。

親に頼んででも、必ずすぐ作ることです。

最後に困るのは、相続人のあなたです。

ポイントは、不動産、遺産の分け方、遺留分、
後の生活、感情、人間関係です。

<他ではない特色
重要な「人間関係」「将来設計」「贈与」
遺産の不動産・投資信託も相談できます。

相続発生後の問題も、ご相談ください。
相続税申告・登記(名義替え)・預金解約など

(税理士・司法書士も紹介します。)

 

当方が選ばれる3つの理由

人間、不動産も考えた「本当に使える遺言」を、ほぼ「お任せ」で作ります。

まだ、多くの遺言が、自筆遺言です。

「財産が少ない」、「家族の仲がいい」ということで、自筆遺言にする考え方は、間違っています。

自筆遺言は、実際には「使えない」と思ってください。

自筆遺言は、後でトラブルが起きやすく、むしろ「トラブルのタネ」を作っていることも、少なくありません。

きちんとした、「使える自筆遺言」は、ほぼありません。

また、捨てられたり、本物かどうか不明ということもあります。

それならば、「公正証書」にすれば、すべて解決するのでしょうか?

公正証書にしても、「本人が言った通り」にしか書いてくれません。

しかし、本当に「本人が言った内容どおり」で書いて良いのでしょうか?

人間の心理の問題、遺留分の問題、税金の問題、不動産の扱いの問題、家族の将来の問題、保険の問題、相続の順番が変わってしまった場合の問題、将来遺言を書き変えたい場合まで考えていますか?

ここまで考えて、対策して書かないと、「使える良い遺言」にはなりません。

形を公正証書にしただけでは、ダメなのです。

例えば、世の中のほとんどの遺言は、「財産の分け方」しか書いてありません。不公平に分けられて納得するでしょうか

この不平不満が、後日のトラブルになったり、次の親の相続や、相続後のお互いの人間関係に強く影響します。

また、時には「気に入らない内容」ということで、無視されます。

当方では、過去や現在の人間関係や不動産や金融資産の状況まで詳しく聞き取り、将来どんなことが予想されるかまで想定して、トラブルの起こらない、良い遺言を作ります。

また、このようないろいろな検討事項や公的資料の収集、文案の検討を、意見を聞きながら、作業部分は、ほぼ「お任せ」状態で作成できます。

やっていただくことは、お話しを聞かせていただくこと、お持ちの資料を見せていただいたり、文案の確認と最後の署名、捺印だけです。

相続で争いになり、弁護士を頼めば、数百万円の出費、余計な時間と、大きな精神的負担、終わっても、最後に家族や親族の絶縁が待っています。

不動産(アパート、土地、生産緑地)の対策や処理も考えます。

相続財産のかなり多くが、不動産(アパート、自宅、土地)です。

不動産は、簡単に分けられないので、ここが一番の悩みです。

遺言にしても、遺産分割にしても、ほとんどこの問題に出会います。

どう考えても、公平にならないし、思うような分け方ができません。

困ってしまい、良いと思って、公平にするため共有にして、持分で分けると、これが後日「最大のトラブル」になります。

不動産の状況や持分を確認して、所有者、納税、将来の相続、分けるか売却か保有か?まで考えないと、後日のトラブルの元になります。

不動産は、相続が起こる前に、対策をしておく必要もあります。

アパートを持っている、土地を貸している、農地(生産緑地)を持っている、分けるものは、自宅だけしかない場合など、状況に合わせて、考えておかねばなりません。

当方は、行政書士だけでなく、国際上級ファイナンシャルプランナー(CFP)として、不動産、保険、税金、相続した財産の運用についても、同時にアドバイスできます。(場合により、不動産に強い税理士やコンサルタントも紹介します)

相続税、保険の使い方なども考える。

近年、相続税が改正され、税金が掛かる人が増えました。

相続税は、掛かるのか掛からないのか、知っておくことが必要です。

納税期限は、亡くなってから10ヶ月、話し合っていたら、すぐ期限が来てしまいます。

また、土地を持っている人は、土地の評価次第で大きく相続税が大きく変わります。

同じ土地でも、どんな土地(面積、権利、立地、状態)を、どのように持っているか?で、相続税が全く変わることにもなります。

このように相続税は、不動産の状況によって、大きく違ってきます。

税金を確実に納めるため、あとで税金で困らないための事前対策も必要です。

相続と不動産と税金と事前対策と遺言、これらは全部「ワンセット」でつながっています。

親の遺言と相続の専門相談センター(調布・三鷹・府中・世田谷・狛江)

法律

預金・投資信託・不動産

税金手続

弁護士

行政書士

司法書士

銀行

郵便局

証券会社

不動産業者

税理士

市役所

公証役場

法務局

税務署

親の相続すべてをアドバイスできる
総合力」で選ばれています。(調布)

について詳しく知りたい方は、以下をご覧ください。↓↓

代表者プロフィール

「親の遺言と相続の専門相談センター」(調布)の半田 典久です。(行政書士、国際上級ファイナンシャルプランナー、相続アドバイザー)

私に関わるすべての方を、幸せにする!」がポリシーです。

あなたの、「心細さや不安」をなくします。

(1)徹底的に争いのタネをなくした、「気配り」の遺言が、「手間なく、面倒なく」作れます。

 

(2)将来のもめ事を無くし、安心した生活が送れるような

「相続と資産のアドバイス」をします。

 

「分からない」「書類、専門家や役所回りが面倒」「時間がない」「良い人が分からない」場合も来て下さい。全て解決していきます。

 

多くの相続に、弁護士・税理士さんは、いなくても、十分できます(必要な場合のみ)

法律や税金(節税)の話が、中心になると、判断を間違えてしまいます。

また、多くの弁護士さんは、相続で非常に重要な「不動産に詳しくない」と良く聞きます。

大事なことは、円満な家族人間関係であり、財産としての不動産、税金、相続の後の生活の安心です。

私は、相続の全体人間関係、将来を考える「コンサルタント」として、解決します。

◎相続と遺言で選ばれている理由は?(調布)

理由①親身になって、あなたの言われることを、人間関係まで全て聞いていきます。

やさしい言葉で、分かり易い説明で)

理由②相談件数700件以上、各種セミナー参加者は2000人以上。

理由③上級相続アドバイザー、国際上級ファイナンシャルプランナー(CFP)、行政書士宅地建物取引主任者(現:取引士)の資格があります。

理由④ 単なる「相続の処理」ではなく、あなたの将来生活や老後を考えて、「思いつく限りの、あなたに有益なアドバイス」をします。(不動産やお金、生活のこと)

今だけでなく、将来をアドバイスできる「総合力」が、当所が選ばれている最大の理由です。

悩みや問題が解決する。将来に見通しが立つ。

相談予約や簡単な質問は下記へ

03-3430-9011

電話受付時間:8:00~20:00(土日祝も可
※面談などで出られない場合、後で折り返し掛けます。

どんな質問でも構いません。遠慮なくどうぞ。

相続や遺言の本格的相談は、面談をお勧めします。(無料相談30分あり)

事例

相続となり、あとで問題が出てきたケース
(実際のトラブルや相談事例から)

  1. 相続した親の土地が、そのまま名義も変えていない
  2. 親や祖父母の遺産分けが、終わっていない。(放ったらかし)
  3. 親の遺産は、ほとんど不動産で、分け方に困る。
  4. 親の介護や医療の世話をした。(嫁・兄弟など)
  5. 遺留分(最低のもらい分)など、考えたことがない。
  6. 相続税が、掛かるのか?どの程度の金額かわからない。
  7. 兄弟が多数いる。
  8. 昔、親からある兄弟に贈与があった。(住宅資金、学資金、事業のため)
  9. 親が、自分で自筆の遺言を書いている。
  10. 親がそろそろ「物忘れ」をするようになった。
  11. 親が公証役場に行って、自分で公正証書遺言を作ったようだ。
  12. 親が遺言を作ったのは、5年以上前である。
  13. 親が70歳を超えているのに、遺言も書いていない。
  14. 自宅、アパート、駐車場を、親や兄弟など2人以上で持っている。(共有)
  15. 母親は、遺言を作っていない。
  16. 兄弟の家に問題やトラブルがあるようだ。(お金、不動産が欲しい)
  17. 親に子供がいない。
  18. 親が、昔離婚した。前妻の子供もいるらしい。
  19. 親が一人暮らしである。親と離れて住んでいる。
  20. 親の田舎に、古い自宅がある。売れない、使わない。
  21. 兄弟の1人が夫婦で、長年親と同居している。
  22. 親が、古アパート、ワンルームマンション、別荘、原野を持っている。
  23. 連絡の取れない兄弟や、話ができない兄弟がいる。
  24. 兄弟で、もう亡くなっている人がいる。
  25. 兄弟の配偶者(奥さんなど)が、かなり欲深い、口うるさい
  26. 自分が欲しい財産だけは、確実に決めておきたい。(自宅など)
  27. 別の兄弟が、親の通帳を管理している。
  28. 親の作った子供や孫名義の預金がある。
  29. 兄弟にいうことを聞かない人がいる。あるいは、中心になる人がいない。

(相続・遺言)このような場合に、ご相談ください。

  1. 相続の手続きがわからない(忙しい)ので、代わって行って欲しい。
  2. 相続人が、誰になるのかわからない。どこに居るのかわからない。
  3. 自宅や不動産を、どのように分ければ良いのかわからない。
  4. 相続税が掛かるのか、掛からないのか、どの程度なのかを知りたい。
  5. 子供や配偶者がいない。兄弟相続でもめたくないので、どうすれば良いのか?
  6. 絶対にもめない遺言書を作りたい。(ハッキリさせるため、親に書いて欲しい)
  7. 遺言書のことで、問題が発生している。
  8. 遺言書を書きたいが、作るときにいろいろと面倒を見て欲しい。
  9. 相続時だけでなく、その後の生活資金についても、どうすれば良いのか?
  10. 生前贈与について、どの様にすればいいのかを考えたい。

遺言書(遺言状)の事例(1)何ごとも準備です。

ここでは、お客さまの事例をご紹介いたします。

もちろん、詳細なことは書けませんが、それぞれの思いや概略だけを書きます。

災害も地震でも、何事もそうですが、準備があるかどうかが、すべてを決めていきます。

どの財産をもらうか、ハッキリさせておきたい。

子供からの提案で、親に書いてもらった例です。

自分は、住むための不動産が欲しいが、お金の方は兄弟に渡しても良いと思っている。相続後にもめたくないので、親が元気な今のうちに、ハッキリさせておきたいので、親に書いてもらうことにした。

 

子供の離婚と相続の心配をしている。

子供のお嫁さんは、当初から我が家には、合わない雰囲気だったが、現在別居していて、離婚しそうである。親の相続後に、子供に財産が移り、財産分与などで、いずれ離婚するお嫁さんの家族に自分の家や土地を持って行かれたくないので心配だ。

遺言書(遺言状)の事例(2)

兄弟に、遺留分を請求されたことがある。

母親の相続で、長年会っていない兄弟に、突然弁護士を立てられて、遺留分を請求されたことがある。もうあんなことは経験したくないから、今のうちに遺言を作って、何をもらうかを、ハッキリさせておきたい。

幼い子供の将来が心配

若い方の遺言の例です。離婚して、シングルマザーで1人の幼い子供がいる。付き合っている人はいるが、結婚するかはわからない。検診でガンらしきものが発見されたので、万一のとき、幼い子供がほったらかしにならないために、遺言を作っておきたい。

【動画】親の遺言・相続について解説動画(調布)

それぞれ4分程度の動画で、分かりやすく解説しています。ぜひ、ご視聴ください。

遺言書は必要か?

親の相続や遺言書について、悩み、不安、心配を持つ方へのメッセージです。ぜひご覧ください。(約4分)

相続や遺言で重要な3つの視点

相続や遺言書を考えるときに、法律・財産・家族・親族と3つを考えないと全く解決になりません。(約4分15秒)

【動画】さらに良く分かる解説動画1~2分の動画多数あり)

自筆と公正証書の遺言がありますが、自筆はやめるべきでしょう。また公正証書にすれば良いというものでもなく、中身もしっかり検討しないと困ったことになります。

遺言や相続について、もっと詳しい数十個もの解説動画(全て1~2分)があります。

この動画だけでも見れば、相続や遺言が、かなりわかります。次々と順に見てください。

自筆と公正証書の違いとは?

自筆遺言のトラブルは、非常に多い。

相続や不動産の動画もあります。↓

公正証書なら、全て良いのか?

公正証書にしただけで、安心とは言えない。

相続税や贈与の動画もあります。↓

よくあるご質問(相続、遺言)

ここではよくあるご質問をご紹介します。

親の相続や遺言に関することは、誰に相談するのが良いのですか?

1人で相続のこと(土地、税金、法律)が、すべてわかる人に相談ください。目先のことだけを済ますと、後日面倒なことにもなりがちです。

よくありがちなのが、法律だから弁護士?。相続税も気になるから税理士?と思うかもしれませんが、これは良い選択ではありません

相続で重要なのは、法律でも税金でもなく、一番大切なことは「人間の問題(納得して円滑にまとめる)」と「将来も考えた遺産の分け方」と「いろいろな手続き」です。

弁護士が入って、小さいもめごとが、本格的な争いになった例は、よく聞きます。

税理士は、税金が掛かる場合のみ必要です。

争いを引き起こす弁護士や、税金が減ることばかり考えて、昔から後で相続人が泣きを見るような相続対策・・土地の有効活用、アパート建築をする税理士がいます。

そういう意味でも、相談で安全なのは、行政書士司法書士です。

なおかつ、土地税金に詳しく、何より人間関係、将来まで考えてくれる人が、1人でプランを取りまとめて、司令塔になって実行してくれるのが一番良いです。

その後で、相続税が掛かるようなら、はじめて税理士を頼めば良いです。

弁護士は、本格的な争い、特殊な事例のみで、相続では必要度は高くはありません。

自筆で遺言を書いて良いですか?公正証書にすべきですか?

ハッキリ申し上げて、自筆は、絶対にやめるべきと考えます。
私の経験上、自筆で書いたもので、まともなものは、ゼロです。
多くの自筆の遺言書は、「争いを防ぐ」という意味では、むしろ無い方が良いくらいです。自筆には、その他数々の問題も多くあるので、私は、公正証書以外では作りません。

  • 面倒な役所回り専門家探しと、手続きができますか?
  • 生前贈与や、尊厳死宣言、相続後することがわかりますか?
  • 上記の所では、ほぼ専門手続きしか教えてくれません。
  • 介護関係、保険関係の問題は、ないですか?
  • 相続時だけでなく、後日のトラブル」の発生防止も必要です。
  • 不動産の売却、所有関係、離婚関係、税金のことは良いですか?
  • 借金相続人いない、わからないと言う問題はないですか?
  • 自宅や貸地、駐車場の私道敷地境界は、良いですか?
  • 不動産金融商品の見直しは、上記ではできません。

相続ついて、あなたにとって何がベストなのかをアドバイスします。

役所金融機関の必要な手続きも、全て代わって終わらせます。

将来安心できる「生活と資金」見直し相談ができます。

相続・遺言で「当てはまる方」をクリックしてください(調布)

相続発生後(遺産分割・手続)

相続発生後の、遺産分割相続手続きは、3カ月、10ヶ月など急いで確認する必要があります。

相続前(遺言書・贈与・対策)

相続前の、遺言書作成贈与相続対策は、こちらをご覧ください。

相続で困っている!とにかく助けてほしい

「相続発生!何をどうするのか?トラブルになりそう・・疑問がある、わからない、とにかく助けてほしい!!」という方も、お気軽にご相談ください。

資料の整理不要。遠慮も無用です。

忙しい、分からないので、手続き代行をして欲しい

預金・不動産・保険・税金・社会保険など、相続発生後の名義変更、手続相談・代行も可能です。

高齢者女性多忙な方、出歩けない方も、どうぞ遠慮なくご相談ください。

悩みや問題が解決する。将来に見通しが立つ。

相談予約や簡単な質問は下記へ

03-3430-9011

電話受付時間:8:00~20:00(土日祝も可
※面談などで出られない場合、後で折り返し掛けます。

よくある勘ちがいの例

相続・遺言では、多くは弁護士さん不要です。
身内で、法律論争しても有利になりません。裁判所でも、基本話し合い(調停)です。

面談相談についての詳細情報(調布)

相談について
  • あなたのお話を、時間を掛けて、しっかりと聞きます。
  • どんなケースでも、解決策を出します

 

  • 話が整理できていなくても、資料が揃っていなくても大丈夫です。
  • 相談場所は、駅のすぐ隣(0分)わかりやすく交通至便です。

 

  • ほぼ、3日以内に相談できます。
  • 土・日・祝日でも、相談できます。(要予約)
  • 朝は9時、夜は21時頃(午後9時)までは、相談可能です。
     
  • いろいろな手続きを頼むこともできます。
  • 必要資料を集めることもできます。
  • 必要に応じ、他の専門家の紹介もできます。
     
  • 出張することもできます。(出張相談料+交通費要)
相談は、急いでください。

相続後 3ヶ月、10ヶ月、1年など重要期限あり
 

  • 時間が経つほど、解決は困難になることが多いです。

  • 間に合わない(時効、期限遅れ)ケースがあります。
  • 気持ちのタイミングを外すと、解決が難しくなることがあります。
     
  • 相続人が変わったり、急増することがあります。
  • 時間が経つと、言い出しにくくなります。
  • 時間が経つと、状況が変わることがあります。(売却など) 
     
  • 証拠や証明するものが、次第になくなります。
  • 争いになれば、数百万円の弁護士費用や膨大な時間と手間が掛かります。

遺言書・相続(遺産分割)をお考えの方へ(調布)

遺言書は、ただ書けば良い、争いが防げるものではありません。
また、相続(遺産分割)も、分けたいように書けば良いわけではありません。

それぞれやり方、書き方1つで、全く状況が変わることがかなりあります。

遺言書の注意ポイント

  1. 遺言の必要性(その1、その2
  2. 自筆遺言は、ここが問題
    その1その2、その3、その4)
  3. 自筆遺言の最低条件
    遺言にならない可能性もある)
  4. もし、使うとしたら、こんな時という事例
  5. 遺言書を書くときに注意することとは?
    その1、その2その3、その4、その5その6
  6. 当方で作成を支援する遺言書は、ココが違う
  7. 遺言の作成方法について(その1、その2

相続や遺言について、もっと詳しく知りたい方へ(調布)

不動産と相続・遺言について

  • 相続に備えるために、是非今しておくべきことは?

  • 税金・用途を考えた不動産の分け方、持分は?

  • 将来争いにならない賢い不動産の分け方とは?

  • 名義変更はすべきか、そのままで良いのか?

  • 不動産は活用か、売却すべきか?その時期は?

税金と相続・贈与について

  • 自分は、相続税が掛かるのかどうか?

  • 相続税が激増するらしい。どう減らすのか?

  • 父と母の相続で、税金合計はどうなる?

  • 固定資産税と相続税、贈与税は?

遺言書と相続について

  • 自筆遺言は、役に立たないと聞いたが本当か?

  • 公正証書は、金と手間を掛ける意味があるのか?

  • 争いを徹底的に避けるための遺言の工夫とは?

  • 遺言を発見、書いてあることに従うしかないのか?

  • 遺言をどう書いたら良いのか、役立つのか?

(株)ユーキャン 記念講演会

(1)よくある「相続対策・書類作成・手続き」だけでは、全く不十分です

税金対策ばかり考えて、後で悲惨になる事例も数え切れません。

(土地の有効利用のアパート建築など)

その場しのぎの不動産分割をして、面倒になる例も多くあります。

土地や不動産のことも、じっくり考えましょう

 (2)「老後生活+相続」、2つの悩みと不安を解消!

あなたの悩み・不安を聞き、希望する満足条件を実現できるように、詳しくお話を聞きます。老後生活+相続」、2つの悩みと不安を解消

相続はある時期だけのことですが、前後の老後の悩みと不安も、全部含めて考えながらベストの提案をします。あなたの「心細さ」はもう不要です。

「相続と老後生活の悩み解決」では、トップクラスです。

  • 上級相続アドバイザー
  • 国際上級ファイナンシャルプランナー(CFP)
  • 行政書士、宅地建物取引主任者

自分の生活を守るために、わずかな費用で安心を!
(生活破たんを防ぐ、贈与、法律、保険、成年後見、遺言、相続、尊厳死すべて対応)

 (3)疑問、困りごと、どうするのが良いのかを全てお答えします。

 老後生活~相続対策~遺言~手続~遺産分割~調停・審判など、疑問、困りごと、どうするのが良いのかを全てお答えします。

不動産や税金(相続税贈与税)、保険、法律を考えます。

また、実行できることは、全部実行します。
(プラン、書類収集と作成、試算、同行なども支援)

お客様の声・印象深い事例など

ぜひ1日も早く、面談によるご相談をお勧めします。

悩みや問題が解決する。将来に見通しが立つ。

相談予約や簡単な質問はこちらへ

03-3430-9011

電話受付時間:8:00~20:00(土日祝も可
※面談などで出られない場合、後で折り返し掛けます。

無料相談実施中!
(面談30分)

相談予約・ご質問はこちら

03-3430-9011

電話受付時間:8:00~20:00
土日祝も可
※面談などで出られない場合、後で折り返し掛けます。

ご連絡先はこちら

親の遺言と相続の
専門相談センター(調布)

運営元

多摩プランニングオフィス

住所

〒182-0022
東京都調布市国領町8-2-9

アクセス(相談場所)

「調布あくろす」
京王線国領駅 徒歩0分

相談場所へのアクセス

電話受付時間

8:00~20:00(土日祝も可)

その他

ご自宅での相談も可能です。
※出張相談料+交通費要

03-3430-9011

ごあいさつ

代表:半田 典久

私に関わる
全ての人を幸せに! 

資格
  • 相続アドバイザー
    (上級資格)
  • CFP(国際上級ファイナンシャルプランナー)
  • 行政書士
  • 1級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • 証券アナリスト
  • 宅地建物取引士


セミナー情報、事例や大切なことなどを掲載しています。