調布の相続・遺言・空き家は、相続専門相談センター 行政書士 相続アドバイザー・空き家コンサルタント 家族信託

運営元:行政書士 多摩プランニングオフィス
〒182-0022 東京都調布市国領町8-2-9
空き家問題・対策も専門、相続税申告や登記(名義替え)には、税理士、司法書士が支援

お気軽にお問合せください

03-3430-9011

電話受付

9:00~20:00 ※土日祝も可

アパート建設など、考えてはいけない

アパート建設はやめるのが正解

土地の有効利用とか、不労所得、相続税対策というフレーズ、テレビCMなどに踊らされて、アパート建設が、まだ行われています。

もちろん、プロや経験者は別です。

地主などで提案されて、新規にアパート建設など行った場合、ほとんど失敗に終わるでしょう

これから人口減少に加速がつくのに、まだ行われています。

2033年には、3割が空き家です。

駅から遠いところに、誰が住むでしょうか?

土地の有効利用という考え方は、「時代遅れ」です。

有効利用しなければいけないということは、今いらないものです。

何でもそうですが、いらないものは、手放すのが基本です。

いらないものに固執することは、いずれ財産を失うことになります。

当初は、新しくて、建築業者も協力するでしょうから、満室かもしれません。

それは、続かないでしょう。

契約更新の2年後、4年後、6年後にドンドン空き室が増えて行き、賃料を下げなければ、入ってもらえないという状況に陥る可能性が大です。

そして、当初の黒字はどこへやら、知らぬ間に赤字になっていきます。

アパート建設などしたために、大きな借金を抱え、売れない土地を作り、相続争いを発生させ

大きな苦しみを味う例は、昔から沢山あります。

これからは、これが一層進むことになります。

建設業者も、銀行も、誰も助けてくれません。

悩みや問題が解決する。将来に見通しが立つ。

相談予約や簡単な質問は下記へ

03-3430-9011

電話受付時間:9:00~20:00(土日祝も可
※面談などで出られない場合、後で折り返し掛けます。

どんな質問でも構いません。遠慮なくどうぞ。

相続や遺言の本格的相談は、面談をお勧めします。(無料相談30分あり)

無料相談実施中!
(面談30分)

相談予約・ご質問はこちら

03-3430-9011

電話受付時間:9:00~18:00
土日祝も可
※面談などで出られない場合、後で折り返し掛けます。

ご連絡先はこちら

親の遺言と相続の
専門相談センター(調布)

運営元

多摩プランニングオフィス

住所

〒182-0022
東京都調布市国領町8-2-9

電話受付時間

9:00~18:00(土日祝も可)

その他

ご自宅での相談も可能です。
※出張相談料+交通費要

03-3430-9011

ごあいさつ

代表:半田 典久

私に関わる
全ての人を幸せに! 

資格
  • 相続アドバイザー
    (上級資格)
  • CFP(国際上級ファイナンシャルプランナー)
  • 行政書士
  • 1級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • 証券アナリスト
  • 宅地建物取引士


セミナー情報、事例や大切なことなどを掲載しています。