調布の相続・遺言は、相続専門相談センター 行政書士 相続アドバイザー・家族信託 民事信託(府中、三鷹、世田谷、狛江)

運営元:行政書士 多摩プランニングオフィス
〒182-0022 東京都調布市国領町8-2-9
<対応地域>調布、府中、世田谷、三鷹、武蔵野、狛江、立川、八王子 日野、多摩、練馬、小平、国立、国分寺、稲城、日野など
相続税申告や登記(名義替え)には、税理士、司法書士が支援

お気軽にお問合せください

03-3430-9011

電話受付

8:00~20:00 ※土日祝も可

相続・遺言のよくあるご質問

大した財産もなく、家族仲が良いのですが、遺言が必要ですか?

財産額は関係ない。今の家族仲が続くとは、限らない。

このような問合せが多いです。

実際、相続の争いになるのは、大した財産がない場合が

ほとんどです。(資産家は、すでに対策をしています)

数百万円の財産をめぐる争いも、良く起こります。

家族仲が良いと言っても、表面的だったり、財産がからまない時の話です。

相続で財産がからむとか、お嫁さんが口を出すとか、あることで急に仲がわるくなることは、よくあります。

また、想像した順番で相続が起こる訳でもありません。

相続人も、予想と変わることがあります

よくあるご質問の目次に戻る

遺言は、どんな進め方で、どの程度の時間がかかるのでしょうか?

遺言書作成に掛かる時間は、平均3週間程度です。

多くは3週間~1ヶ月ですが、資料がない、打ち合わせができないと、当然延びます。

逆に、ものすごく急ぎで、協力していただければ、10日でも可能です。

進め方は、資料集めや、細かい打ち合わせを、当方と3回程度行います。

それをもとに、こちらで準備、用意して、公証役場(公証人)と相談して決めていきます。

戸籍や登記簿などは、こちらで収集できるので、預金などを含めて情報を教えてください。

文案は、全部ご本人に最終確認していただきます。

文案や証明書類が揃ったら、日程を決めて公証役場で作ります。

(本人が行きます。私も証人で行きます)

よくあるご質問の目次に戻る

遺言内容に対して、利害関係がない方です。

公正証書を作成する場合には、証人2名が必要です。
証人は、どのような人を選べば良いのでしょうか?

簡単にいえば、遺言で財産をもらうこととは、一切関係ない人です。

同僚や友人などで構いません。

しかし、そういう人には知られたくありませんね。

また、高齢者になると、頼める人も、なかなかいないです。

当方なら、私が証人になりますし、もう1人も手配します

よくあるご質問の目次に戻る

公正証書遺言の作成に掛かる費用は?

財産額(遺産額)と分け方で違います。

公正証書遺言の作成に掛かる費用としては、まず、公証役場に払う費用があります。

これは、財産額だけで決まるわけではなく、財産額と分け方(何人にどのように分けるか?)で変わります。

目安としては、5万円~10万円が多いです。

いきなり公証役場で作らず、その前に相続の専門家に相談してください。

ご自身だけで考えた文案で公正証書にすると、不都合が生じることが非常に多いです。(役場も忙しく、税金や不動産、人間の細かいことまで考えてくれません)

よくあるご質問の目次に戻る

遺言書には、預金の金額を書くのでしょうか?

金額を書く必要はありません。

金額は書かなくて良いです

死亡時は、必ず変わっているはずです。

銀行名と支店名は、書きましょう。

口座番号は、間違えて書くとかえってやっかいです。

ただ、死んだときに誰かに贈与するような場合は、金額で書きます。(遺贈)

よくあるご質問の目次に戻る

相続税は掛かるのでしょうか?

財産と評価額で計算する必要があります。
亡くなる前に、予想しておき、しっかりとした遺言があると良いです。

相続税は、亡くなって10ヶ月以内納税申告書の提出をしなければなりません。

かなり、テキパキと進めないと、間に合いません。

遺産分割で、少しもめると、もう間に合いません。

間に合わないと、税金を軽くする計算が使えません。

(一旦、高い税金を納める必要があります。遅れると税金も増えます

遺産分割を避けるためにも、「きちんとした遺言」が必要です。

(自筆はダメ、専門家の助言を得て作った公正証書のみOK)

納税資金がなければ、すぐ不動産を売らなければなりません。

都内や近隣市では、かなりの確率で相続税が掛かると思った方が良いです。

相続税は、3000万円+600万円×法定相続の人数までは、掛かりません。

3人の相続人なら、4800万円以下なら掛かりません。

しかし、土地の評価は大変難しいので、簡単に素人判断しないようにしてください。

よくあるご質問の目次に戻る

実は、相続財産ではありません。

非常に気になりますね。

生命保険金は、相続財産ではありません。

事前に決められた「受取人の財産」になります。

何か不公平な感じになりますが、別にしてください。

保険金は、別として指定された人が受取り、残った遺産だけを分割します。

ただ、保険金の額が物凄く大きく、相続財産がごくわずかしかない場合は、話が変わります。

よくあるご質問の目次に戻る

自筆は見つけてもらうしかありません。公正証書はわかります。

自筆の遺言は、本人の部屋や持物から見つけてもらうしかありません。

公正証書の場合は、作ったかどうか?どの公証役場で作ったか?わからなくても、存在の有無は調査できます。

もし、あったはずでも、出てこないとしたら、相続人間で遺産分割ができるのであれば、した方が良いと思います。

よくあるご質問の目次に戻る

無料相談実施中!
(面談30分)

相談予約・ご質問はこちら

03-3430-9011

電話受付時間:8:00~20:00
土日祝も可
※面談などで出られない場合、後で折り返し掛けます。

ご連絡先はこちら

親の遺言と相続の
専門相談センター(調布)

運営元

多摩プランニングオフィス

住所

〒182-0022
東京都調布市国領町8-2-9

アクセス(相談場所)

「調布あくろす」
京王線国領駅 徒歩0分

相談場所へのアクセス

電話受付時間

8:00~20:00(土日祝も可)

その他

ご自宅での相談も可能です。
※出張相談料+交通費要

03-3430-9011

ごあいさつ

代表:半田 典久

私に関わる
全ての人を幸せに! 

資格
  • 相続アドバイザー
    (上級資格)
  • CFP(国際上級ファイナンシャルプランナー)
  • 行政書士
  • 1級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • 証券アナリスト
  • 宅地建物取引士


セミナー情報、事例や大切なことなどを掲載しています。