調布の相続・遺言・空き家は、相続専門相談センター 行政書士 相続アドバイザー・空き家コンサルタント 家族信託(府中、三鷹、世田谷、狛江)

運営元:行政書士 多摩プランニングオフィス
〒182-0022 東京都調布市国領町8-2-9
<対応地域>調布、府中、世田谷、三鷹、武蔵野、狛江、立川、八王子 日野、多摩、練馬、小平、国立、国分寺、稲城、日野など
空き家問題・対策も専門、相続税申告や登記(名義替え)には、税理士、司法書士が支援

お気軽にお問合せください

03-3430-9011

電話受付

9:00~20:00 ※土日祝も可

終活で考えておくこと、実行すること

終活は、自分の独断でやらないことが大切

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

「終活」には、いろいろな内容があります。

自分はどれを行うか、どのように行うか?

一人一人状況が違うので、状況に合わせて、思う以上に、よく検討しなければなりません。

終活なので、自分一人で、静かに整理していく、決めて行く方も、多いかもしれません。

自分まわりの、家財整理なら、それでもいいでしょう。

「終活」なら、不要なものを捨てエンディングノートを書いたり、必要なら自筆で遺言でも書いておけばいいのでは?

こんな甘い考え方でやると、あとで大変なことになったり、家族・親族などに大迷惑、混乱になることがあります。

「終活」というのは、法律面、財産面、身体面、物的面、心理面、いろいろな内容が含まれてきます。

少なくとも、法律や財産知識、制度などについて十分な専門知識がないと、いろいろな制度や仕組みが上手に使えません。

何をどうやったら良いのか?メリット・デメリットもわからないでは、具体的に実効策が整理できません。

なおかつ、理屈だけではなく、現実の実行力も大切ですし、何よりご本人やご家族の状況・心境を良く考えられる人が、必要です。

「終活」は、自分一人で、静かに行うものではありません。

自分だけの「終活」では、現実には思ったことは実現できないとか、トラブルになるということが十分あるということを、考えておきましょう

エンディングノートは、気をつけること

エンディングノートは、各社各様、いろいろなものがあります。

タイプにもより、書いてある項目には、かなり差があります。

全部埋めようとすると、時間的にも、労力も、かなり大変だと思います。

全部埋めている人は、あまりいないのではないでしょうか?

しかし、軽い気持ちで書くと、これが思わぬトラブルにつながることもあるので、気をつけましょう。

まず、エンディングノートに、どんなに正確に、書いても、遺言書にはなりません。

それを勘違いして、遺産の分け方や希望を書いたりすると、あとで家族で混乱します。

また、エンディングノートに書いたから、安心してしまって、もう遺言書は書かなくてもいいだろうというような気持ちにならないことです。

自分の歴史や、財産のメモや、心情的なことはともかく、遺産の分け方に関わることは、書くべきではありません。

まずは、あくまで「情報整理の感覚」で書いておけば良いと思います。

また、書いている途中、書きかけでやめて、亡くなることもあるので、大事なところだけは、優先して書きましょう。

遺言を書かなければいけない場合とは?

遺言を書かなければいけない場合が、いくつかあります。

ここに、代表例を書いておきます。(もちろん、他のケースもある)

ただ、このような場合は、絶対書くべきです。(公正証書のみ)

自筆は、論外です。(むしろ、トラブルになるケース多発)

子供がいない

財産に不動産(自宅を含む)がある

(被相続人には)兄弟がいる

介護などで面倒をかけそうだ

離婚・再婚がある

生前贈与した

行方不明・音信不通の人が、相続人にいる

相続人の仲があまり良くない(何かトラブルにつながる要因がある)

 

詳しくはこちらをクリック

空き家にならないように、対策を考える

、ものすごく空き家が増えています。(現時点で2割弱、いずれ3割になる)

ほとんどが、施設に入った、病院に入院した、相続したのがきっかけというケースです。

このような状態になった時に、その「親の空き家」をどうするか決めておかないと、相続後もそのまま放置されることになりがちなので、こういう結果になります。

空き家になるには、家族の心情や遺産分割、その他いろいろな状況が絡み合って、放置になりがちなので、できるだけ生前に十分な準備が必要です

ここは、不動産の専門家の知恵を借りないと、自分では無理です。

詳しくはこちらをクリック

無料相談実施中!
(面談30分)

相談予約・ご質問はこちら

03-3430-9011

電話受付時間:8:00~20:00
土日祝も可
※面談などで出られない場合、後で折り返し掛けます。

ご連絡先はこちら

親の遺言と相続の
専門相談センター(調布)

運営元

多摩プランニングオフィス

住所

〒182-0022
東京都調布市国領町8-2-9

電話受付時間

9:00~20:00(土日祝も可)

その他

ご自宅での相談も可能です。
※出張相談料+交通費要

03-3430-9011

ごあいさつ

代表:半田 典久

私に関わる
全ての人を幸せに! 

資格
  • 相続アドバイザー
    (上級資格)
  • CFP(国際上級ファイナンシャルプランナー)
  • 行政書士
  • 1級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • 証券アナリスト
  • 宅地建物取引士


セミナー情報、事例や大切なことなどを掲載しています。