調布の相続・遺言・空き家は、相続専門相談センター 行政書士 相続アドバイザー・空き家コンサルタント 家族信託

運営元:行政書士 多摩プランニングオフィス
〒182-0022 東京都調布市国領町8-2-9
空き家問題・対策も専門、相続税申告や登記(名義替え)には、税理士、司法書士が支援

お気軽にお問合せください

03-3430-9011

電話受付

9:00~20:00 ※土日祝も可

ページ見出しを補足する文を書いてください(例:Welcome to Yamada Company)

賃貸マンション(オーナー)の認知症・相続対策

マンションオーナーには、家族信託は必須です。

賃貸マンションの経営リスクとは?

賃貸マンションのオーナーが亡くなった場合、以下のような問題が発生します。

1.遺産分割協議が終わらないと、口座凍結が解除できない。

2.マンションの入退去審査ができない。

3.賃料の振込先が決まらない。

(振り込み日が、必ずしも同じ日ではない)

(被相続人の口座は凍結されているので、入金できない、あるいは引き出せない)

4.物件の修理ができない。

遺産分割が終わらないと、物件を引き継ぐ相続人が決まりません。

しかし、その間に賃貸マンションのオーナーの仕事は、毎日切れ目なく続いています。

遺産分割が終わらないと、何も決まらない、動かないという状況になりがちです。

遺産分割は、一般にかなり時間がかかることが多いです。

数カ月以上かかることは、よくあります。

まとまらないケースは、しばしばあります。

この混乱をなくすためには、賃貸マンションのオーナーには、家族信託が必須となります。

遺産分割が終わらなくても、困らない仕組みとは?

遺産分割の時点で困らないように、家族信託を使って、賃貸マンションを子供名義にしておくことが良い解決法になります。

父と長男が契約書を作り、賃貸マンションとお金を、受託者の長男の名義とします。

父が亡くなっても、長男がこのまま業務を継続できます。

メリットとは?

1.預金の凍結がない。

2.賃料の振込先が変わらない。

3.入退去審査や物件の修理も、そのまま継続できます。

無料相談実施中!
(面談30分)
コロナ対策あり

相談予約・ご質問はこちら

03-3430-9011

電話受付時間:9:00~18:00
土日祝も可
※面談などで出られない場合、後で折り返し掛けます。

ご連絡先はこちら

親の遺言と相続の
専門相談センター(調布)

運営元

多摩プランニングオフィス

住所

〒182-0022
東京都調布市国領町8-2-9

電話受付時間

9:00~18:00(土日祝も可)

その他

ご自宅での相談も可能です。
※出張相談料+交通費要

03-3430-9011

ごあいさつ

代表:半田 典久

私に関わる
全ての人を幸せに! 

資格
  • 相続アドバイザー
    (上級資格)
  • CFP(国際上級ファイナンシャルプランナー)
  • 行政書士
  • 1級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • 証券アナリスト
  • 宅地建物取引士